合同 会社 から 株式

  • 顧問弁護士の役割とメリット

    「契約書の規定が間違っていたのに契約不履行だと取引先から言われて困っている。弁護士に依頼して対応してもらうべきだろか。「めったに法的なトラブルは発生しないと考えているが、弁護士との顧問契約は、どれだけメリットがあるのだろうか。弁護士との顧問契約に関して、こうしたお悩みを抱えていらっしゃる方は少なくありません。この...

  • M&A・組織再編

    「事業譲渡や事業承継と、株式取得にはどういった違いがあるのだろうか。M&Aや組織再編に関して、こうしたお悩みを抱えていらっしゃる方は少なくありません。このページでは、企業法務に関する様々なテーマのなかから、M&Aと組織再編についてご説明いたします。 ■M&A とはM&Aとは、「Mergers & Acquisit...

  • 訴訟・紛争解決

    「取引先から、納品した製品に対するクレームを受けている。訴訟とならないように対応したいが、どうすれば良いだろうか。「解雇した元従業員が、不当解雇として訴訟を起こすと言ってきた。会社としては就業規則に則った適切な懲戒解雇であると認識しているが、どう対応するべきだろうか。訴訟や紛争に関して、こうしたお悩みを抱えていら...

  • 企業が守るべきコンプライアンスとは

    このページでは、企業法務に関する様々なテーマのなかから、企業が守るべきコンプライアンスについてご説明いたします。 ■コンプライアンスとはコンプアライアンスとは、法令遵守とも訳される言葉で、企業が法令を守って事業を推進していくことをさします。企業のコンプライアンスの歴史を振り返ると、古くは公害問題などに対する対応が...

  • 契約書作成とリーガルチェックの重要性

    「法改正に合わせて契約書を新しくしてほしいと取引先から言われた。契約書を作成できる人材がおらず困っている。「いつも取引先から提示された契約書を使用しているが、先日トラブルになってしまった。社内で契約書について確認するべきなのだろうか。契約書に関して、こうしたお悩みを抱えていらっしゃる方は少なくありません。このペー...

  • 刑事事件で依頼する時の弁護士費用とは

    東京スタートアップ法律事務所さいたま支店 では、さいたま市を中心に、埼玉県、東京都周辺にお住まいの皆様からのご相談を承っております。刑事事件に関するあらゆる問題に対応しておりますので、お困りの際にはお気軽に当事務所までご相談ください。豊富な知識と経験から、ご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

  • 窃盗・万引きで逮捕された場合の対応

    弁護士に相談すれば、会社などにバレずに問題を解決することができる可能性が高くなります。 逮捕された後は、警察によって取り調べをされます。取り調べによって、検察庁へ送致するか釈放するかを決定します。逮捕されてから72時間、警察署の留置所で身柄を拘束されている間は、家族であっても被疑者と面会することはできず、弁護士し...

  • 保釈請求とは?~保釈の条件と保釈されるまでの流れ~

    保釈の申請は、起訴されたその時からすることができます。 保釈金の額は、刑事訴訟法において、犯罪の性質や事情、証拠、被告人の性格や経済力を考慮して、被告人の出頭を保証できる金額とされています。一般的な刑事事件の保釈金の金額は、150万円から300万円程度が相場となっています。 保釈金は、裁判終了時に全額返還されます...

  • 家族が刑事事件で逮捕されてしまった場合の対応

    逮捕されてから72時間、警察署の留置所で身柄を拘束されている間は、家族であっても被疑者と面会することはできず、弁護士しか面会をすることができません。 取り調べにおいて、弁護士に相談をせずに自分の判断だけで供述をした場合、曖昧な記憶にもとづいて、自分にとって不利益なものと知らずに供述してしまう可能性があります。その...

  • 傷害事件で逮捕された!逮捕後の流れと釈放されるためには

    また、逮捕で身柄を拘束されたままだと外出をすることができないため、会社は休まざるを得ず、会社から解雇されてしまったり、逮捕されたことがばれることで社会的に不利益のある扱いを受けてしまう可能性があります。 そこで、一刻も早く釈放を目指す必要があります。傷害事件で逮捕された後、釈放されるタイミングは何度かあります。

  • 遺留分侵害額請求権とは?~手続き方法と時効について~

    しかし、極端な内容の遺言がそのまま認められてしまうと、亡くなった方の近親者の相続への期待や生活保障の観点からあまり妥当ではありませんので、このような制度が認められています。 遺留分は、「長男に財産の全てを譲ろう」という遺言があった場合、他の兄弟姉妹などの相続人は、自分の遺留分の金額を、長男に請求することができ、こ...

  • 遺産分割協議と遺産分割協議書の作成

    もし、この協議がうまく行かなければ、家庭裁判所の調停や審判によって遺産分割をすることになりますが、大変な労力を要しますから、遺産分割協議を円滑に行うことが大切だといえます。 遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があります。相続人の中に未成年がいるときは、その未成年の代理人を参加させて行います。相続人が1人でも欠け...

  • 相続財産の調査方法と費用について

    相続財産の調査を怠って、後から債務が発覚したら、返済に追われてしまうことになりかねません。また、結果的に債務がなくても、後から被相続人名義の土地が見つかったなど、遺産分割協議後に新たな財産が発覚すると、相続トラブルにつながりますし、相続税上のペナルティが課されるおそれもあります。こうしたことを防ぐためにも、相続財...

  • 相続財産に借金がある場合~相続放棄と限定承認の違い~

    相続というのは、基本的にはプラスの財産もマイナスの財産も全てを受け継ぐことですから、マイナスの財産だけ相続せずにプラスの財産だけ相続するということはできません。しかし、法律上このような場合への対処法が2つ用意されています。相続放棄と限定承認です。 まず、相続放棄(民法938条〜)とは、文字通り相続を一切放棄するこ...

  • 相続手続きの流れ

    通夜や葬儀でお忙しい中で大変ですが、相続の手続きは法律上決められた方式と期限を遵守して行わなければ、後々大きなトラブルにつながりかねませんから、ポイントをおさえて着実に進めることが大切です。 被相続人が死亡したら、死亡届の提出や金融機関への連絡といった各種手続のほか、まず誰が相続人を調査します。相続人にもれがある...

  • DVから逃げて離婚をする為の方法とは?~事前準備と注意点~

    DVは、夫婦間の問題だからと軽視すべきではありません。暴力行為は、夫婦間でも犯罪であり、その他の精神的暴力も含め重大な人権侵害にあたります。 DVは、離婚するために必要な離婚原因に当然含まれますが、通常の離婚と異なる対応をすべきだということに注意が必要です。通常の離婚では、第一段階として夫婦で話し合って離婚につい...

  • 浮気・不倫で慰謝料請求できる金額の相場とは?

    まず、浮気や不倫があっても、相手から慰謝料が取れるとは限らない、ということに注意が必要です。これはどういうことかというと、法律上、夫婦には「貞操義務」というものがあるのですが、慰謝料は、相手が貞操義務違反(不貞行為)をしたことを根拠に請求できることがほとんどです。そして、貞操義務とは、婚外の第三者と性的関係を持た...

  • 親権の決め方

    離婚届を提出するときに、親権者を決めておかないと離婚届がされませんから、離婚の際には親権者を決めなくては離婚が成立しないということになります。 親権は、父母の協議で決定しますが、協議では決まらない場合には、家庭裁判所の調停で、調停で定まらない場合は審判または裁判で決定されます。離婚の際は、子どもの親権をめぐってト...

  • 財産分与の3つの種類と判断基準とは

    これを別れるときにあまり決めずにおくと、もらえるはずの財産が貰えず、後々の生活に困ってしまうということがありますから、しっかりと確認しておくべきポイントです。 財産分与には、清算的財産分与、扶養的財産分与、慰謝料的財産分与の3種類がございます。 清算的財産分与というのは、財産分与の中でももっともオーソドックスなも...

  • 離婚の種類と手続きの流れ

    調停委員会は、1人の裁判官と2人の家事調停委員からなり、ここでは、妻、夫それぞれの側の調停委員が話を聞き、意見の調整をおこないます。調停では夫婦が顔を合わせないよう配慮されます。 調停も成立しなかった場合は、裁判または審判になります。審判離婚とは、家庭裁判所が職権で行うものです(家事事件手続法284条1項)が、当...

  • ギャンブル依存症の夫(妻)と離婚するには

    その理由としては、相談により、夫が離婚に応じてくれれば、家庭裁判所が介入せずに、夫との離婚が可能になるからです。仮に夫が離婚に応じてくれないとすれば、家庭裁判所の介入により、離婚するのも可能です。 協議離婚が成立しない場合、家庭裁判所に調停を申し立てることが可能です。家庭裁判所の調停により、夫婦の間で、離婚に対し...

  • 未払いの養育費を確実に回収する方法

    つまり、裁判所に対し、養育費を払わない相手の会社に差押命令を出してもらい、相手の給料から養育費をとることを求めることができます。こうすれば、養育費は自動的に相手方の給料から控除され、相手方はいくら払いたくなくても、払わなければならなくなります。また、養育費の未払いという状況が生じれば、強制執行ができる部分について...

  • モラハラ旦那(妻)との離婚を考えている方へ

    その理由として、モラハラは精神的暴力として、DVの一種類にあたるからです。 モラハラを受けた場合に、一度じっくり相手と話し合ったほうがいいと考えられます。相手方に「モラハラで離婚したい」という気持ちを伝えた結果、相手方が離婚に応じてくれる可能性もあります。仮に、相手方が離婚に応じてくれなければ、相手方のモラハラに...

  • 離婚調停にかかる期間|長期化させないポイントとは

    専門家かつ第三者からの意見を取り入れることで、様々な視点から万全な準備が整います。 2点目は、調停における態度についてです。調停では、双方の主張を調停委員が聞き、妥当な離婚方法を提示します。したがって、調停で横柄な態度をとったり、常に感情的になり冷静さを失っていると、印象が悪くなってしまいます。調停は妥協点を見つ...

  • 傷害事件における慰謝料の相場や請求方法は?

    具体的な相場は、軽傷の場合は多くて150万円ほど、重症の場合は50万円から180万円が相場となります。ただし、これらは身体的被害に関する相場ですが、身体的苦痛を考慮した場合、軽傷でも多額の慰謝料を請求できる可能性があります。慰謝料の請求方法は以下の通りです。 1.2.2.3. はじめに、慰謝料をいくら請求できるの...

  • 離婚したいけどしてくれない場合の対処法

    なぜなら、離婚する際にはお互いの合意が必要になるからです。したがって最初の手順として、2人の間で話し合いを行うことが大切です。 次に、話し合いによる協議が成立しなかったときは、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。調停では調停委員を仲介として、双方の主張から妥協点を見つけることを目的としています。そのため、...

  • 離婚後の養育費の相場

    子どもの年齢が0〜14歳であれば、会社員の方であれば4〜6万円、自営業の方であれば6〜8万円を毎月支払うことになります。子どもの年齢が15〜19歳であれば、会社員の方であれば6〜8万円、自営業の方であれば8〜10万円を毎月支払うことになります。 ・年収500万円の場合子どもの年齢が0〜14歳であれば、会社員の方で...

  • 詐欺の受け子で逮捕されたら~その後の流れ、対処法など~

    詐欺罪の刑罰は、10年以下の懲役であり、刑事裁判に発展すると懲役1ヶ月から10年の間で判決が言い渡されます。しかし、執行猶予付きの判決が下る可能性もあります。執行猶予とは、刑事責任が比較的軽いと判断される場合、社会内での自発的な更生を促す目的で、刑の執行を猶予する制度のことです。仮に懲役2年、執行猶予5年の判決を...

  • 相続争いが起こる要因とは?対処法も併せて解説

    被相続人が生前に資産内容を明らかにしておくことで、相続財産の内容がわからないことで揉める可能性は低くなります。 ・相続財産に不動産が含まれている現金の相続であれば、分割しやすいため、平等に分配することが可能ですが、不動産の場合、分配が難しいため、相続財産に不動産が含まれている場合、分配方法を巡った争いに発展する可...

  • 離婚裁判の費用の相場は?誰が払う?

    被告は、裁判所から送られてきた訴状を確認したうえで、訴状の内容に対する指摘や自己の意見を答弁書に記載できます。この答弁書は、第1回口頭弁論期日の1~2週間前までに裁判所に提出しなければなりません。 ⑷口頭弁論期日当事者双方が、それぞれが準備した証拠を用いて自己の主張に基づき立証活動を行います。 ⑸証拠調べ証拠調べ...

  • 相続放棄手続きの流れと必要書類

    相続放棄申述書の提出後、家庭裁判所から「照会書」という書面が届く場合があります。この照会書は質問状のようなものであり、申立人は質問に回答し、家庭裁判所へ照会書を返信しなければなりません。 ⑷相続放棄申述受理証明書(必要に応じて)相続放棄申述受理証明書は、被相続人の方の債権者から取り立てをされそうになった時などに、...

  • 窃盗の公訴時効の時効期間は何年?

    犯罪の中には、その重大性から公訴時効の適用が認められていないものもあります。窃盗罪の公訴時効の時効期間窃盗罪の法定刑は、刑法235条によると「十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金」と定められています。そのため、刑事訴訟法250条2項4号の「長期十五年未満の懲役又は禁錮に当たる罪」に該当します。このことから、窃盗罪...

  • 【弁護士が解説】財産分与の対象にならないものとは

    「特有財産」には、夫や妻が婚姻前から有していた預貯金や有価証券などの財産が当たります。特有財産該当性については、その財産が特有財産であると主張する人が主張立証しなければなりません。例外として、特有財産の減少の防止や維持、増加に対して他方配偶者が寄与していると認められる場合については、財産分与の対象となる場合もあり...

  • 認知症の相続人がいたら相続手続きはどのように進める?

    人はいつ死ぬか分からないものであることや、いつ認知症を発症するかについては予測できないものであることから、相続手続きの中でも、とりわけ認知症の相続人がいる場合の手続きについては詳しく知らない方のほうが多いのではないでしょうか。今回は、認知症の相続人がいたら相続手続きはどのように進めるべきかといった点について、詳し...

  • 書類送検とは?その後の流れや前科がつくかなど詳しく解説

    有罪判決は刑事裁判の中で言い渡されるものであることから、刑事裁判よりも前の段階である書類送検の段階で前科が付くことはありません。これに対して、容疑者として捜査の対象となったことを表す前歴は書類送検の場合であっても残ることとなります。 刑事事件のご相談は東京スタートアップ法律事務所におまかせください今回は書類送検に...

よく検索されるキーワード

Search Keyword

弁護士紹介

Lawyer

手須都弁護士の写真

弁護士 神尾 尊礼(かみお たかひろ)

所属
埼玉弁護士会
経歴
2004年3月
東京大学法学部卒業
2004年4月
東京大学法科大学院入学
2006年3月
東京大学法科大学院卒業
2006年12月
司法試験合格・司法修習開始
2007年12月
司法修習修了・弁護士登録
2007年12月
森・濱田松本法律事務所
2009年2月
法テラス埼玉法律事務所
2012年2月
彩の街法律事務所
2019年7月
弁護士法人ルミナス法律事務所

メッセージ

弁護士12年目の経験と再挑戦

弁護士になって10年以上がたちます。
まずは大手渉外事務所に入り、比較的強い立場からの事件を担当していました(会社、地主など)。次に法テラスに行き、全く真逆の、社会的弱者と言われる立場の事件を担当してきました(労働者、賃借人など)。その後自分の事務所を立ち上げ7年間、企業法務から家事(離婚や相続等)、刑事弁護等多くの分野を担当してきました。 携わった事件類型は、弁護士の中でもバラエティの多い方ではないかと思っています。2018年ころから、社会問題となるような事件を多く担当しました。他の専門家の話を聞く中で、1人でやることの狭さ、限界を感じるようになりました。そんな折、弁護士法人ルミナス法律事務所へ参画する機会をいただきました。私自身、やることは大きくは変わりません。自分の経験や知識を少しでも還元できればと思い、弁護士12年目の再挑戦を始めました。

事務所概要

Office Overview

事務所名 東京スタートアップ法律事務所さいたま支店
弁護士名 神尾 尊礼(かみお たかひろ)
所在地 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町一丁目266番3シンワKIビル2階
電話番号・FAX番号 TEL:048-780-2545 FAX:03-6771-7266
対応時間 【平日】9:00~17:30 【定休日】土日祝