相続放棄 期間

  • 相続財産に借金がある場合~相続放棄と限定承認の違い~

    相続放棄と限定承認です。 まず、相続放棄(民法938条〜)とは、文字通り相続を一切放棄することです。相続放棄は、相続の開始があると知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所へ申述をすれば認められ、相続放棄をした者ははじめから相続人でなかったものとなります。また、相続放棄によって相続順位が下の者が繰り上がります。 相続放棄...

  • 相続手続きの流れ

    ここまでのステップは、相続放棄・限定承認との関係で、3ヶ月以内に行わなければなりません。 相続財産の全てが判明したら、遺産分割です。法定相続分に従って行うか、相続人間の協議によっておこないます。被相続人が有効な遺言をのこしていた場合は、基本的には遺言に従って行います。遺産分割協議が話し合いだけではととのわず、紛争...

  • 財産分与の3つの種類と判断基準とは

    他方、結婚前の独身期間に働いたお金で購入した宝石など、婚姻前から有していた財産は、清算の対象とはなりません。 扶養的財産分与とは、離婚によって片方の生活が困窮してしまうおそれがあるような場合に、その生計を補助するという目的で分割される性質のものです。専業主婦・主夫や、高齢、病気の場合にはこれが該当します。 慰謝料...

  • 離婚調停にかかる期間|長期化させないポイントとは

    離婚調停にかかる期間は、それぞれの事例によって異なりますが、一年以内に終了するケースが最も多くなっています。裁判所のデータによると、平均的な期間は一年以内の次に6ヶ月以内、3ヶ月以内の順になります。すると当然、スムーズに調停を終わらせたいと考えるでしょう。では、長期化させないためにおさえておくべきポイントをご紹介...

  • 離婚後の養育費の相場

    養育費の取り決めに関して、法的な規定が存在しないため、夫婦間の協議で具体的な金額や支払い頻度、支払い方法、支払い期間などを決めることになります。しかし、話し合いで決まらない場合は、家庭裁判所の調停や審判、裁判などで決めることを検討します。金額の算出に際しては、養育費算定表が用いられることが一般的です。その際、支払...

  • 詐欺の受け子で逮捕されたら~その後の流れ、対処法など~

    勾留期間の間で、起訴または不起訴の判断が行われます。不起訴になると釈放されますが、別の事件に関わっていた場合、また別の事件で再逮捕される事例は少なくありません。 ■対処法・弁護士を呼ぶ受け子として逮捕された場合、すぐに弁護士を呼ぶことをおすすめします。初犯であっても、実刑判決が下る可能性が高く、警察の取り調べでの...

  • 離婚裁判の費用の相場は?誰が払う?

    控訴期間が経過すると一切控訴ができなくなるため、気づいたときには控訴期間を経過していたといった事態にならないよう、控訴期間については細心の注意を払って確認しておくようにしましょう。 ⑻離婚届の提出控訴期間が控訴の提起なく経過した場合には、判決が確定し、夫婦は離婚届を原告の本籍地または所在地の市区町村役場に提出しま...

  • 相続放棄手続きの流れと必要書類

    相続放棄とは、相続人の方が相続財産を承継する権利を放棄することをいいます。放棄する相続財産の対象には、被相続人の方(=お亡くなりになった方)の債務のみならず、被相続人の方が生前有していた預貯金や不動産などの財産も含まれます。相続放棄を選択すべき場合としては、被相続人の資産額よりも負債の額の方が高額である場合や被相...

  • 窃盗の公訴時効の時効期間は何年?

    今回は、窃盗の公訴時効の時効期間について、詳しく解説していきます。公訴時効とは公訴時効とは、刑事上の時効のことで、一定の期間が経過することにより、その犯罪につき起訴ができなくなるという効果をもたらすものです。この結果、公訴時効が成立した犯罪の被疑者は、公訴時効完成以降は逮捕も処罰もされません。公訴時効成立に必要な...

  • 認知症の相続人がいたら相続手続きはどのように進める?

    か月の期間を要します。 ②成年後見人を置かない方法相続手続きは、お亡くなりになった方の意思を最大限尊重して行われる手続きであることから、有効に成立した遺言書がある場合には、原則としてその遺言書通りに遺産分割が行われます。そのため、このような場合には相続人の意思表示が必須ではなく、成年後見人を置かなくても相続手続き...

よく検索されるキーワード

Search Keyword

弁護士紹介

Lawyer

手須都弁護士の写真

弁護士 神尾 尊礼(かみお たかひろ)

所属
埼玉弁護士会
経歴
2004年3月
東京大学法学部卒業
2004年4月
東京大学法科大学院入学
2006年3月
東京大学法科大学院卒業
2006年12月
司法試験合格・司法修習開始
2007年12月
司法修習修了・弁護士登録
2007年12月
森・濱田松本法律事務所
2009年2月
法テラス埼玉法律事務所
2012年2月
彩の街法律事務所
2019年7月
弁護士法人ルミナス法律事務所

メッセージ

弁護士12年目の経験と再挑戦

弁護士になって10年以上がたちます。
まずは大手渉外事務所に入り、比較的強い立場からの事件を担当していました(会社、地主など)。次に法テラスに行き、全く真逆の、社会的弱者と言われる立場の事件を担当してきました(労働者、賃借人など)。その後自分の事務所を立ち上げ7年間、企業法務から家事(離婚や相続等)、刑事弁護等多くの分野を担当してきました。 携わった事件類型は、弁護士の中でもバラエティの多い方ではないかと思っています。2018年ころから、社会問題となるような事件を多く担当しました。他の専門家の話を聞く中で、1人でやることの狭さ、限界を感じるようになりました。そんな折、弁護士法人ルミナス法律事務所へ参画する機会をいただきました。私自身、やることは大きくは変わりません。自分の経験や知識を少しでも還元できればと思い、弁護士12年目の再挑戦を始めました。

事務所概要

Office Overview

事務所名 東京スタートアップ法律事務所さいたま支店
弁護士名 神尾 尊礼(かみお たかひろ)
所在地 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町一丁目266番3シンワKIビル2階
電話番号・FAX番号 TEL:048-780-2545 FAX:03-6771-7266
対応時間 【平日】9:00~17:30 【定休日】土日祝